長崎市にある女性信頼度NO.1の整体院。慢性的な肩こり・腰痛を根本からしっかり改善!

ほぐし整体院JIN


腰痛について

病名がつかない原因不明の腰痛は約80%あるそうです。そのうちの85%はストレスがひきがねとなっているようです。
アメリカに続き、カイロプラクテイックの本場のオーストラリアでは、CMなどのメデイアを使用して、腰痛の原因は大半はストレスであるので、運動をしよう!と国民に働きかけ、引きこもりを活動的に改善してウオーキング等からはじめ、腰痛が改善した事で、医療費も大幅に軽減したとの事です。ストレスは、交感神経が刺激されて血管が収縮され、血流が悪くなり、痛みが出てくるから腰痛になるのではないかと私は思います。

では、病名がつく腰痛とは?

①ぎっくり腰 (急性後弯)
ドイツでは、魔女の一突きとも言われています。痛そうなネーミングですね。私も数年前に姪っ子を抱え上げる際に一度だけやりました。神様が、治療する者として患者さんの痛みを分からねばと思い、ぎっくりさせたのかもしれません。
もし突然なったら、先ずは歩けるようになるまでは、ふとんの上で背中を丸めて横向きで休みます。氷のうが一番ですが、なければアイスノンを、タオル一枚を間にあて約15分冷却して熱をとり、そのあとは少し楽になるまで背中を丸めて休む事です。この段階でシップでは弱いです。5分間ごとに、徐々に背中をまっすぐな姿勢に戻していきます。無理はダメですよ。棘上靭帯が断裂している状態なので、歩けるようになったら、まずは骨に異常ないか整形外科でレントゲン撮る事をおすすめします。その後、長崎市のほぐし整体院JINに予約いれてから来てください。急性なので腰部に熱を持ちます。腰の熱がとれるまでは、お風呂は厳禁です。
②腰部椎間板ヘルニア
背骨の間のクッションの役目をしている椎間板というコラーゲン線維があります。その中心にはゼラチン質の髄核があります。椎間板がへたったり、老化、急激なショック等いろいろ原因はありますが、この髄核が椎間板ごと押し出されて脊髄の神経根にあたり激痛になるのが突出型のヘルニアです。もうひとつは、椎間板から髄核が飛び出して神経根にあたるのが脱出型のヘルニアです。いずれにしても、膀胱直腸障害を伴う尿・便排出困難な場合や、下肢の麻痺があり足指が不動の場合は、生活に支障をきたすので、手術という選択肢になるので、整形外科でMRIを撮る事をおすすめします。前かがみがきつくなります。手術するまでもない軽度のヘルニアと診断された場合は、ほぐし整体院JINに通う事をおすすめします。
③腰部脊柱管狭窄症
椎間板がへたると腰の骨が代わりに支えようといろんな方向に根をはやしてきます。それが神経や血管を狭窄させる1つの原因になります。坐骨神経痛も併発する事もあります。整形外科でMRIを撮る事をおすすめします。ヘルニアとは逆で腰を反るのがきつくなります。ほぐし整体院JINにも通う事をおすすめします。
④原因不明と診断された腰痛
レントゲン・MRIを撮っても異常なしと診断された経験ありませんか?ほぐし整体院JINが得意とするところです。ほぐし整体院JINに通う事をおすすめします。
①から④のいずれの場合も施術可能です。各症状別にストレッチ指導します。




ほぐし整体院JINのご案内

住      所:
〒850-0841 長崎県長崎市銅座町14-23今日堂ビル4F 
アクセス:
路面電車 観光通り電停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
095-823-6286
受付時間:
電話受付時間
11:00~14:00
16:00~20:00
定休日:
水曜・祝日 

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ